過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

マンション管理士の過去問 令和元年度(2019年) 問25

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
問題を表示する

この過去問の解説 (2件)

評価する
9
評価しない
正解は3です。

1.適切。
標準管理規約(単棟型)第17条第1項では、
「区分所有者は、その専有部分について、修繕、模様替え又は建物
に定着する物件の取付け若しくは取替え(以下「修繕等」という。)
であって共用部分又は他の専有部分に影響を与えるおそれのあるものを行おうとするときは、あらかじめ、理事長(第35条に定める理事長をいう。以下同じ。)にその旨を申請し、書面による承認を受けなければならない。」
としています。

共用部分又は他の専有部分に影響を与えるおそれのない工事であれば、理事長の承認は不要です。

2.適切。
続く第2項では、
「 前項の場合において、区分所有者は、設計図、仕様書及び工程表を添付
した申請書を理事長に提出しなければならない。」
としています。

3.適切でない。
主要構造部とは、建物の構造上重要な部分です。
具体的には、屋根、壁、柱、梁、階段、床です。
これらの箇所に直接エアコンを取り付けると建物全体に影響がある恐れがありますので、共用部分又は他の専有部分に影響を与えるおそれがあると言えます。
よって理事長の承認が必要になります。

4.適切。
標準管理規約(単棟型)コメント
第17条では、以下のようにしています。

「⑤ 承認を行うに当たっては、専門的な判断が必要となる場合も考えられる
ことから、専門的知識を有する者(建築士、建築設備の専門家等)の意見
を聴く等により専門家の協力を得ることを考慮する。
特に、フローリング工事の場合には、構造、工事の仕様、材料等により影響が異なるので、専門家への確認が必要である。

⑥ 承認の判断に際して、調査等により特別な費用がかかる場合には、申請者に負担させることが適当である。 」

よって、正解は3です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正答は 3 です。

1.区分所有者は、その専有部分について、修繕、模様替えまたは建物に定着する物件の取付けもしくは取替えであって、共用部分または他の専有部分に影響を与えるおそれのあるものを行おうとするときは、あらかじめ、理事長にその旨を申請し、書面による承認を受けなければなりません。

したがって、共用部分または他の専有部分に影響を与えるおそれがない専有部分の修繕等を行おうとする場合は、理事長の承認を受ける必要はありません。

2.専有部分の間取りを変更する行為は、共用部分または他の専有部分に影響を与えるおそれのあるものにあたるので、理事長にあらかじめ申請し、書面による承認を受けなければなりません。理事長への承認の申請書に、設計図、仕様書及び工程表を添付する必要があります。

3.主要構造部にエアコンを直接取り付けようとする行為は、共用部分または他の専有部分に影響を与えるおそれのあるものにあたるので、理事長にあらかじめ申請し、書面による承認を受けなければなりません。
よって、この設問は不適切です。

4.承認の判断に際して、調査等により特別な費用がかかる場合には、申請者に負担させることが適当であるとされています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このマンション管理士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。