過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建「平成29年度(2017年)」の過去問を出題

問題

正解率 : 0%
合格ライン : 65%

残り : 50
正答数 : 0
誤答数 : 0
総問題数 : 50
クリア

合格者一覧へ
代理に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。
 1 . 
売買契約を締結する権限を与えられた代理人は、特段の事情がない限り、相手方からその売買契約を取り消す旨の意思表示を受領する権限を有する。
 2 . 
委任による代理人は、本人の許諾を得たときのほか、やむを得ない事由があるときにも、復代理人を選任することができる。
 3 . 
復代理人が委任事務を処理するに当たり金銭を受領し、これを代理人に引き渡したときは、特段の事情がない限り、代理人に対する受領物引渡義務は消滅するが、本人に対する受領物引渡義務は消滅しない。
 4 . 
夫婦の一方は、個別に代理権の授権がなくとも、日常家事に関する事項について、他の一方を代理して法律行為をすることができる。
( 宅建試験 平成29年度(2017年) 権利関係 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
過去問ドットコムは他のページから戻ってきた時、
いつでも続きから始めることが出来ます。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50

この過去問の解説(1件)

評価する
1
評価しない
正解は【3】になります。

1:民法第99条には代理行為の要件及び効果について述べられており、代理人がその権限内において本人のためにすることを示してした意思表示は、本人に対して直接にその効力を生ずるとあります。また、最高裁の判例(昭和34年2月13日)では、売買契約を締結する代理権は、その売買契約を取り消す意思表示をもつことが含まれており、代理権は売ることと買うことを意思表示することによるものと考えられます。

2:民法第104条では、任意代理人による復代理人の選任についてあり、委任による代理人は、本人の許諾を得たとき、又はやむを得ない事由があるときでなければ、復代理人を選任することができないことになっております。この要件に当てはまれば、復代理人を選任することはできます。

3:まず、民法第646条では、受任者による受取物の引渡し等についてあり、受任者は、委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の物を委任者に引き渡さなければならない。その収取した果実についても、同様とするとあります。また、民法第107条では復代理人の権限等についてあり、復代理人は、本人及び第三者に対して、代理人と同一の権利を有し、義務を負うことになっております。従って復代理人は、代理人に引き渡すのと本人に引き渡す両方の義務があります。

4:民法第761条では、日常の家事に関する債務の連帯責任についてあり、夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と法律行為をしたときは、他の一方は、これによって生じた債務について、連帯してその責任を負う。ただし、第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は、この限りでないとあります。また判例でも同様の解釈をしており、個別に代理権の授権がない場合でも、日常家事に関する事項は、他の一方を代理して法律行為をすることができることになります。
評価後のアイコン
2018/06/20 09:33
ID : qurfzfaek
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この宅建 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。