過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
   1 .
地震に対する建物の安全確保においては、耐震、制震、免震という考え方がある。
   2 .
制震は制振ダンパーなどの制振装置を設置し、地震等の周期に建物が共振することで起きる大きな揺れを制御する技術である。
   3 .
免震はゴムなどの免震装置を設置し、上部構造の揺れを減らす技術である。
   4 .
耐震は、建物の強度や粘り強さで地震に耐える技術であるが、既存不適格建築物の地震に対する補強には利用されていない。
( 宅建試験 令和元年度(2019年) 税その他 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
正解は4です。

選択肢については以下のとおりです。

1→適当
地震対策では、耐震・制震・免震という3つの考え方があります。

2→適当
制震はダンパーなどの制震装置により、地震の大きな揺れを吸収する制震技術です。

3→適当
免震はゴムなどの免震装置を設置し、建物と地盤を切り離し、建物の揺れを減らす技術です。

4→不適当
耐震技術は頑丈さで揺れや倒壊を耐えるものです。既存建物の補強にも利用される技術です。
本文の「補強には利用されていない」が不適当です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は4です。
以下、各選択肢の解説です。

1.2.3.
正しい文章です。
耐震は、建物じたいの強度を上げ、地震の揺れに耐えます。
制震は、建物に内部に錘やダンパーなどを組み込み、揺れを吸収します。
免震は、建物と基礎との間にダンパーや免震ゴムなどの免振装置を設置し、地盤と切り離すことで、揺れを受け流します。

4.
誤った文章です。
既存不適格建築物に対して、耐震性を上げるために補強工事をするということは、よく行われています。
具体的には、基礎の補強、腐朽箇所の修繕、壁の補強、屋根の軽量化などがあります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この宅建 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。