宅地建物取引士資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集
アンケートはこちら

宅建 平成22年度(2010年)の過去問 ランダム出題

問題

1周目(0 / 50問 正解) 全問正解まであと50問
建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。
 1 . 
常温において鉄筋と普通コンクリートの熱膨張率は、ほぼ等しい。
 2 . 
コンクリートの引張強度は、圧縮強度より大きい。
 3 . 
木材の強度は、含水率が大きい状態のほうが小さくなる。
 4 . 
集成材は、単板などを積層したもので、大規模な木造建築物に使用される。

この宅建 過去問の解説(3件)

解説表示前マスク画像
付箋メモを残すことが出来ます。
解説表示前マスク画像
解説表示前マスク画像
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この宅建 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。