過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建「平成26年度(2014年)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 50問 正解) 全問正解まであと50問
建築物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 1 . 
鉄筋コンクリート構造におけるコンクリートのひび割れは、鉄筋の腐食に関係する。
 2 . 
モルタルは、一般に水、セメント及び砂利を練り混ぜたものである。
 3 . 
骨材とは、砂と砂利をいい、砂を細骨材、砂利を粗骨材と呼んでいる。
 4 . 
コンクリートは、水、セメント、砂及び砂利を混練したものである。
( 宅建試験 平成26年度(2014年) 土地建物 )
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。

この過去問の解説(3件)

評価する
4
評価しない
正解は【2】です。

1:コンクリートのひび割れは、雨水など水分が入ることにより、鉄筋の腐食に繋がります。鉄筋は腐食により膨張し、コンクリートのひび割れに直結します。

2:モルタルとは、水とセメントと砂を練って混ぜ合わせたのです。選択肢の砂利とする点が誤りであり、本問の正解になります。

3:骨材は、砂と砂利のことを指しています。細骨材は小さい砂を、粗骨材は大きい砂利を表します。

4:コンクリートは、水とセメントと砂及び砂利を混ぜ合わせたものであり、打上がりが均質で密実になり、必要な強度が得られるように調合されています。
評価後のアイコン
2017/01/24 21:04
ID : qurfzfaek
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない
正解:2

1:正しいです。
鉄筋コンクリート構造のコンクリートのひび割れは、ひび割れ部分から雨水が浸入したりなどして鉄筋を錆びさせる要因となります。

2:誤りです。
モルタルは水、セメント、砂を練り混ぜたものです。

3:正しいです。
骨材は砂と砂利のことを言います。
砂は細骨材で、砂利は粗骨材です。

4:正しいです。
コンクリートは、水、セメントを練ったものに砂、砂利を練り固めたものです。
評価後のアイコン
2018/09/22 15:28
ID : dshvcehtn
評価する
1
評価しない
1.○
記載のとおりです。鉄筋コンクリートは、鉄筋の周りをコンクリートで固めたものであるため、コンクリートがひび割れを起こすと、そこから雨水が入り込み鉄筋が腐食します。

2.×
モルタルは、セメントと砂、水を練り混ぜたものです。砂利はありません。

3.○
記載のとおりです。

4.○
記載のとおりです。
評価後のアイコン
2016/08/28 16:01
ID : wmvmauqm
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この宅建 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。