過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建「平成30年度(2018年)」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 50問 正解) 全問正解まであと50問
建築物の構造に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
 1 . 
木造建物を造る際には、強度や耐久性において、できるだけ乾燥している木材を使用するのが好ましい。
 2 . 
集成木材構造は、集成木材で骨組を構成したもので、大規模な建物にも使用されている。
 3 . 
鉄骨構造は、不燃構造であり、耐火材料による耐火被覆がなくても耐火構造にすることができる。
 4 . 
鉄筋コンクリート構造は、耐久性を高めるためには、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止の注意が必要である。
( 宅建試験 平成30年度(2018年) 税その他 )

この過去問の解説(2件)

評価する
6
評価しない
1、正しい 木材は乾燥しているほど強度が強くなります。

2、正しい 集成材は安定した強度を持ちます。柱・梁などの耐力部材としての使用が可能です。大規模な建物にも利用されます。

3、誤り 鉄骨造の建物は、火に弱く、耐熱性に乏しいです。熱の上昇にともない、強度が弱くなりますので耐火被覆が必要となります。

4、正しい 問題文の通りです。
評価後のアイコン
2019/05/08 18:24
ID : wputargjt
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は 3 です。

各選択肢の解説は以下のとおりです。

1. 木造は、乾燥している方が、強度があり耐久性に優れています。そのため、木造建物をつくる際には、強度や耐久性の面で、できるだけ乾燥した木材を使用するのが望ましいとされています。従って、本選択肢は正しいです。

2. 集成木材とは、木材の板を重ね合わせて作った木材であり、強度に優れているため、集成木材で骨組みを構成した集成木材構造は、体育館などの大規模な建物にも用いられます。

3. 骨組構造は、不燃構造ではあるが、耐火構造ではないため、耐火構造にするには、耐火材料による耐火被覆が必要です。従って、本選択肢は誤りです。

4. 鉄筋コンクリートが中性化すると、錆が発生し、コンクリートのひび割れを招くことから、鉄筋コンクリート構造においては、耐久性を高めるために、中性化の防止やコンクリートのひび割れ防止をする必要があります。従って、本選択肢は正しいです。

評価後のアイコン
2019/05/04 13:17
ID : tvgvrsmuv
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この宅建 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。