過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建「法令制限」の過去問をランダムに出題

問題

1周目(0 / 88問 正解) 全問正解まであと88問
農地法(以下この間において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
 1 . 
市街化区域内の農地を宅地とする目的で権利を取得する場合は、あらかじめ農業委員会に届出をすれば法第5条の許可は不要である。
 2 . 
遺産分割により農地を取得することとなった場合、法第3条第1項の許可を受ける必要がある。
 3 . 
法第2条第3項の農地所有適格法人の要件を満たしていない株式会社は、耕作目的で農地を借り入れることはできない。
 4 . 
雑種地を開墾し耕作している土地でも、登記簿上の地目が雑種地である場合は、法の適用を受ける農地に当たらない。
( 宅建試験 平成30年度(2018年) 法令制限 )

この過去問の解説(2件)

評価する
1
評価しない
1、正しい 農地を農地以外のものに転用する目的で権利移動する場合、原則として、農地法5条の許可が必要ですが、市街化区域内にある農地または採草放牧地につき、あらかじめ農業委員会に届け出て、農地および採草放牧地以外のものにするためにこれらの権利を取得する場合は、許可不要です。

2、誤り 遺産の分割により農地を取得することになった場合、法第3条の許可を受ける必要はありません。

3、誤り 農地所有適格法人の要件を満たしていない株式会社でも耕作目的で農地を借り入れることは可能です。

4、誤り 登記簿上の地目が雑種地であっても、現況が農地として利用されているときは農地にあたります。
評価後のアイコン
2019/06/04 14:56
ID : wputargjt
解答履歴は保存されていません。
解答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない
正解は 1 です。

各選択肢の解説は、以下のとおりです。

1. 市街化区域内の農地を農地以外のものにする目的での権利取得の場合には、あらかじめ農業委員会に届出をすれば、農地法第5条の許可は不要です。従って、本選択肢は正しいです。

2. 遺産分割による農地の取得の場合には、農地法3条1項の許可は不要です。従って、本選択肢は誤りです。

3. 農地を借り入れることについては、農地保有適格法人でない株式会社であっても、特に制限されることはないので、本選択肢は誤りです。

4. 農地法上のうちであるかどうかは、登記簿上の地目ではなく、現況で判断されます。従って、本選択肢は誤りです。



評価後のアイコン
2019/05/03 18:22
ID : tvgvrsmuv
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この宅建 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。