過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

宅建「価格評定」の過去問をランダムに出題

問題

地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。
   1 .
土地鑑定委員会は、その土地に地上権が存する場合であっても、標準地として選定することができる。
   2 .
土地鑑定委員会は、標準地について、2人以上の不動産鑑定士の鑑定評価を求めるものとし、当該2人以上の不動産鑑定士は、土地鑑定委員会に対し、鑑定評価書を連名で提出しなければならない。
   3 .
土地鑑定委員会は、標準地の正常な価格を判定したときは、標準地の単位面積当たりの価格のほか、当該標準地の価格の総額についても官報で公示しなければならない。
   4 .
土地収用法その他の法律によって土地を収用することができる事業を行う者は、標準地として選定されている土地を取得する場合において、当該土地の取得価格を定めるときは、公示価格と同額としなければならない。
( 宅建試験 令和2年度12月実施分(2020年) 価格評定 問25 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない

正解は1です。

1正しい

地上権が設定されている土地は、地上権による制限がない場合を想定して正常な価格を求めるので、地上権が存する場合でも標準地として選定することができます。

2誤り

標準地についての鑑定評価は、2人以上の不動産鑑定士が各々現地を調査し、それぞれが鑑定評価書を作成します。その鑑定評価書を土地鑑定委員会に提出するのですが、その際にそれぞれの不動産鑑定士が個別で提出する物であり、「連名」で提出するというものではありません。

3誤り

土地鑑定委員会は、標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定したときは、すみやかに、次に掲げる事項を官報で公示する義務を負います。

標準地の所在の郡、市、区、町村及び字並びに地番

標準地の単位面積当たりの価格及び価格判定の基準日

標準地の地積及び形状

標準地及びその周辺の土地の利用の現況

その他国土交通省令で定める事項

公示すべき事項の中に、「標準地の価格の総額」は含まれません。

4誤り

土地収用法等により土地収用事業を行う者は、公示区域内の土地を取得しようとする場合には、当該土地の取得価格を定めるときに公示価格を規準としなければなりません。要求されているのは、「公示価格を規準とする」ことになるので、「公示価格と同額」で取得する必要はありません。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない

正解は1です。

今回は「地価公示法」に関する問題です。

「地価公示法」とは地価の公示に関する法律 です。

地価公示法の法律の目的は、土地の取引価格に指標を与えることで、適正な地価を形成することです。

土地取引をするときは、公示された価格を指標としなくてはなりません。

土地鑑定委員会は、その土地に地上権があった場合でも標準地として選定することができます。

標準地とは地価公示において、価格の基準となる地点のことです。

また、土地鑑定委員会とは日本の国土交通省の審議会等のひとつです。

2誤り

土地鑑定委員会は標準地について、2人以上の不動産鑑定士の鑑定評価を求めます。

標準地の鑑定評価を行った不動産鑑定士は、土地鑑定委員会に鑑定評価書を提出しなくてはなりません。

提出の義務は不動産鑑定士個人のものです。

本肢のように連名で提出する必要はありません。

3誤り

土地鑑定委員会は、標準地の単位面積当たりの正常な価格を判定したとき、次の事項を官報で公示しなければなりません。

・標準地の所在の郡・市町村・字・地番

・標準地の単位面積当たりの価格、価格判定の基準日

・標準地の地積・形状

・標準地、周辺土地の利用の現状

ちなみに標準地の価格の総額は公示されていなくても、単位面積当たりの価格×地積(土地の面積)で求めることができます。

4誤り

土地収用法その他の法律によって土地を収用することができる事業を行う者は、標準地として選定されている土地を取得する場合において、当該土地の取得価格を定めるときは、公示価格「を基準」としなければいけません。

本肢は同額としているため誤りです。

評価後のアイコン
評価する
1
評価しない

正解は1です。

標準地の鑑定価格は、当該土地に建物や権利などがある場合であっても、それがないものと仮定して決めれば済むので、地上権があっても標準地に選べるとした選択肢の文章は正しいです。

2:2人以上の不動産鑑定士の評価を求める点は正しいですが、連名で行う必要はないため、誤りです。

3:価格に関して、官報で公示する必要があるのは、単位面積当たりの価格と、価格判定の基準日です。

総額を公示する必要はないので、誤りです。

4:公示価格と規準としなければならない、が正しいので、同額としている選択肢4の文章は誤りです。

わかりづらいですが、要は同額じゃなくても(公示価格と異なっていても)問題ないということです。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この宅建 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。