過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「経済学・経済政策」の過去問を出題

問題

財務省の資料によれば、わが国の一般会計歳入(決算額)の構成は、税収、公債金収入、その他の収入という3つに区分されている。2013年度のわが国の歳入構成の説明として、最も適切なものはどれか。
   1 .
公債金収入が全体の約8割を占めている。
   2 .
公債金収入が全体の約2割5分を占めている。
   3 .
税収が全体の約7割を占めている。
   4 .
税収と公債金収入はそれぞれ4割強で同程度を占めている。
( 中小企業診断士試験 第1次試験 経済学・経済政策 平成27年度(2015年) 問1 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
34
評価しない
項番1:不適切です。
平成25年度時点で歳入決算総額が106兆円で、公債金は43.5兆円と約40%です。

項番2:不適切です。
項番1の解説の通り公債金収入は約40%です。

項番3:不適切です。
平成25年度時点で歳入決算総額が106兆円で、租税及印紙収入は47兆円と約45%です。

項番4:適切です。
項番3までの解説の通り税金と公債金収入はそれぞれ4割強といえます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

我が国の一般会計歳入についての出題です。

本文は2013年時の会計歳入についてですが、近年の我が国の一般会計歳入総額は2020年のコロナウィルスの影響による公債金収入が大きく増えたことを除いて、約105兆円前後で推移しています。

内訳は、税収、公債金収入、その他に分かれます。

大きな内訳としては、

税収が、4割後半から5割台に上昇傾向

公債金収入は、4割前後でやや減少傾向(2020年を除く)

その他は、1割ちょっと程度

5:4:1

というような感じです。

上記を基本的な収入のバランスとして考えると、

1、間違い

(あきらかに違う)

2、間違い

(ちょっと迷って一度保留にしても)

3、間違い

(あきらかに違う)

4、正しい

(この設問で2番が間違いだとわかるはずです)

というのがわかると思います。

正解は4

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。