過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「企業経営理論」の過去問を出題

問題

プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM)に関する記述として、最も適切なものはどれか。
   1 .
競争優位性を期待できない「負け犬」事業からの撤退の検討に加え、資金投入によって成長市場で競争優位の実現を期待できる「問題児」の選択が重要である。
   2 .
競争優位性を期待できない「負け犬」事業からの撤退を進めるのに重要な資金供給源は「花形商品」の事業である。
   3 .
衰退期に入った業界の「花形商品」事業は、徐々に撤退してできるだけ多くのキャッシュを生み出させることが重要である。
   4 .
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの考え方では、資金の流入と流出は市場と自社事業との成長率で決まる。
   5 .
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの考え方は、外部からの資金調達を考慮していないが、事業の財務面を重視して事業間のマーケティングや技術に関するシナジーを考慮している。
( 中小企業診断士試験 第1次試験 企業経営理論 平成27年度(2015年) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
9
評価しない
1:適切です。
資金投入によって「問題児」を「花形商品」や「金のなる木」に育てられる可能性があります。

2:不適切です。
重要な資金供給源は「金のなる木」の事業です。

3:不適切です。
記述は「金のなる木」の記述です。

4:不適切です。
資金の流入と流出は市場の成長率と自社の相対的な市場シェアで決まります。

5:不適切です。
外部からの資金調達を考慮していないという前半の記述は正しいです。
プロダクト・ポートフォリオ・マネジメントにおいては事業間のマーケティングや技術に関するシナジーは考慮されていません。
これがプロダクト・ポートフォリオ・マネジメントの短所とも言えます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。