過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「運営管理」の過去問を出題

問題

ある製造ラインでは、下図に示すように、第1工程から第3工程を経て製品の加工が終了し、出荷される。各工程で不適合品が発生した場合には、手直し工程で手直しされる。投入された製品はすべて次工程にられ、直行品と手直し品には品質に差はないものとする。各工程の不適合品率は下図に示すとおりである。この製造ラインの直行率の値として、最も適切なものを下記から選べ。
問題文の画像
   1 .
0.20%
   2 .
64.80%
   3 .
86.70%
   4 .
90.00%
( 中小企業診断士試験 第1次試験 運営管理 平成27年度(2015年) 問92 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
直行率とは、品質不良などと判断されることなく出荷される製品の割合のことを指します。
直行率を公式に当てはめると以下の通りです。

直行率=第1工程の良品率×第2工程の良品率×第3工程の良品率
=(1-0.2)×(1-0.1)×(1-0.1)=0.648=64.80%
となります。

よって選択肢2「64.80%」が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。