過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「中小企業経営・中小企業政策」の過去問を出題

問題

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

中小企業は、わが国経済の基盤的存在である。総務省・経済産業省「平成24年経済センサス−活動調査(民営、非一次産業、2012年)」に基づくと、中小企業のうち小規模企業は、わが国の企業数の約[ A ]割、会社および個人事業所の従業者総数の約[ B ]を占めており、非常に重要な存在である。
しかしながら、中小企業数の推移を見ると、近年の経済・社会構造の変化に伴い、長期にわたり減少傾向で推移している。企業規模別に2009年から2012年にかけての企業数の増減を見ると、小規模企業の減少率は、小規模企業を除く中小企業の減少率を上回っており、小規模企業を取り巻く経営環境が一段と厳しさを増していることがうかがえる。
なお、企業規模区分は中小企業基本法の定義に準ずるものとする。ただし、ゴム製品製造業は常用雇用者900人以下、旅館、ホテルは常用雇用者200人以下、ソフトウエア業、情報処理・提供サービス業は資本金3億円以下または常用雇用者300人以下の企業を中小企業に含む。また、宿泊業・娯楽業については常用雇用者20人以下の企業を小規模企業とする。

文中の空欄AとBに入る数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
   1 .
A:7  B:3分の1
   2 .
A:7  B:4分の1
   3 .
A:8  B:5分の1
   4 .
A:9  B:4分の1
   5 .
A:9  B:5分の1
( 中小企業診断士試験 第1次試験 中小企業経営・中小企業政策 平成27年度(2015年) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
5
評価しない
企業規模別で企業数を見ると
小規模事業者 334万者 86.5%
中規模企業 51万者 13.2%
大企業 1万者 0.3%

従業者数で見ると
小規模事業者 1,192万人 25.8%
中規模企業 2,024万人 43.9%
大企業 1,397万人 30.3%
となっており、4が正解となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。