過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「平成30年度(2018年)」の過去問を出題

問題

以下の2つの図は、2000年以降の日本経済について、左図は賃金と労働生産性の推移、右図は労働分配率と営業利益の推移を示している。図中のa〜dに該当するものの組み合わせとして、最も適切なものを下記から選べ。ただし、a、b、cは2000年の水準を100とした指数である。
問題文の画像
   1 .
a:賃金     b:労働生産性  C:営業利益   d:労働分配率
   2 .
a:賃金     b:労働生産性  C:労働分配率  d:営業利益
   3 .
a:労働生産性  b:賃金     C:営業利益   d:労働分配率
   4 .
a:労働生産性  b:賃金     C:労働分配率  d:営業利益
( 中小企業診断士試験 第1次試験 経済学・経済政策 平成30年度(2018年) 問1 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は3です。

問題の図において最も特徴的なものは、2009年ごろのcの急降下です。この頃はリーマンショックの時期であるため、営業利益が減少したものと考えられます。

そのため、cは営業利益であることがわかります。よってdは労働分配率です。

引き続き右図を見ていきます。2003年~2007年ごろの営業利益は上昇傾向にあります。一方で労働分配率を見てみると減少傾向にあります。また、営業利益が減少したリーマンショック時期は労働分配率が上がっています。これは、営業利益の増減に合わせて人件費(賃金)が増減していない、つまり、賃金が変化していない(横ばいである)ことが考えられます。

左図を見てみると、bは2003年ごろから2015年まであまり変化していません。よって、bは賃金です。

右図の営業利益が2012年ごろから上昇しています。それに合わせて左図のaも2012年ごろから上昇を続けています。

人件費が抑えられている中で営業利益が上がっているため、労働生産性が上昇したと考えられます。つまり、aは労働生産性です。

各選択肢の解説は次の通りです。

1→左図のa、bが誤りです。正しくは、aが労働生産性、bが賃金です。

2→右図、左図とも誤りです。解説は上記のとおりです。

4→右図が誤りです。上記解説以外の解法としては、問題文よりcが2000年の水準を100とした指数で記載されているところに着目します。つまり、右図において、%で示されているのはdであることがわかります。営業利益と労働分配率、という選択肢で見たときに%で表せるのは労働分配率です。つまり、dが労働分配率であることがわかります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。