過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士の過去問を「全問」ランダムに出題

問題

1周目(0 / 678問 正解) 全問正解まであと678問
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

中小企業等の法人税率は軽減されている。具体的には、法人税法の本則(期限の定めなし)において、年( A )万円以下の所得金額について( B )%に軽減されている。対象となるのは、資本金( C )億円以下の中小法人等である。国際的な経済環境の変化等により景気の先行きに不透明さが増す中、当該税率は時限的な措置として、租税特別措置で( D )%に軽減されている。

(設問)
文中の空欄CとDに入る数値の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
 1 . 
C:1  D:12
 2 . 
C:1  D:15
 3 . 
C:3  D:12
 4 . 
C:3  D:15
( 中小企業診断士試験 第1次試験 中小企業経営・中小企業政策 平成29年度(2017年) )

この過去問の解説

まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。