過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「平成27年度(2015年)」の過去問をランダムに出題

問題

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

「ものづくり・商業・サービス革新事業」は、国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、革新的な設備投資やサービス・試作品の開発を行う中小企業者を支援するものである。
この事業における「ものづくり技術」の対象となるためには、①「中小ものづくり高度化法」で指定された分野の技術を活用した事業であること、②どのように[ A ]を明記した事業計画を作り、その実効性について[ B ]の確認を受けていること、が必要である。
「革新的サービス」の対象となるためには、①「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」で示された方法で行う革新的なサービスの創出等であり、3〜5年の事業計画で「[ C ]」年率3%、および「 D 」年率1%の向上を達成する計画であること、②どのように[ A ]を明記した事業計画を作り、その実効性について[ B ]の確認を受けていること、が必要である。

文中の空欄CとDに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
   1 .
C:売上高    D:営業利益
   2 .
C:売上高    D:経常利益
   3 .
C:付加価値額  D:営業利益
   4 .
C:付加価値額  D:経常利益
( 中小企業診断士試験 第1次試験 中小企業経営・中小企業政策 平成27年度(2015年) )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない
経営革新計画承認基準は、付加価値額年率3%、経常利益年率1%の向上を達成する計画であることが必要です。

そのため正解は項番4となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。