過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「平成30年度(2018年)」の過去問をランダムに出題

問題

中小企業のX社は、「安全・確実・有利に退職金制度を確立したい」と考えているが、独力では退職金制度をもつことが困難な状況である。そこで、中小企業診断士のY氏は、X社の経営者に対して、「中小企業退職金共済制度」を紹介することにした。
以下は、X社の経営者とY氏との会話である。会話の中の空欄AとBに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記から選べ。

X社の経営者:「中小企業退職金共済制度とは、どのような制度なのですか。」

Y氏:「勤労者退職金共済機構と退職金共済契約を結び、掛金を納付することで、簡単に退職金制度を設けることができます。[ A ]で、新規加入時等には掛金の一部を[ B ]が助成します。」

X社の経営者:「ぜひ、その共済制度の利用を検討してみたいと思います。」

Y氏:「詳しくは、勤労者退職金共済機構に問い合わせてみるといいですよ。」
   1 .
A:掛金の一部は非課税  B:国
   2 .
A:掛金の一部は非課税  B:都道府県
   3 .
A:掛金は全額非課税   B:国
   4 .
A:掛金は全額非課税   B:都道府県
( 中小企業診断士試験 第1次試験 中小企業経営・中小企業政策 平成30年度(2018年) )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。