過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「令和2年度(2020年)」の過去問をランダムに出題

問題

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。

小規模事業者経営発達支援融資制度は、一定の要件を満たす小規模事業者が、事業の持続的発展のための取り組みに必要な資金について低利で融資を受けることができる制度である。

文中の下線部②に関する記述として、最も適切なものはどれか。
   1 .
対象資金は「設備資金」であり、「運転資金」は含まれない。貸付限度は3,600万円である。
   2 .
対象資金は「設備資金」であり、「運転資金」は含まれない。貸付限度は7,200万円である。
   3 .
対象資金は「設備資金及びそれに付随する運転資金」であり、貸付限度は3,600万円である。
   4 .
対象資金は「設備資金及びそれに付随する運転資金」であり、貸付限度は7,200万円である。
( 中小企業診断士試験 第1次試験 中小企業経営・中小企業政策 令和2年度(2020年) 問227 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は4です。

設問では、小規模事業者経営発達支援融資制度で融資を受けられる「資金」の内容について問われています。融資を受けられる資金は、事業の持続的発展を目的とした事業計画の実施のために必要とする設備資金およびそれに伴う運転資金です。

融資限度額は7,200万円(うち運転資金4,800万円)

返済期間は設備資金が20年以内、運転資金が8年以内で、いずれも2年間の据置期間が設けられています。

各選択肢の解説は次の通りです。

1→誤りです。融資には運転資金も含まれます。また、融資限度額は3,600万円までではなく7,200万円までです。

2→誤りです。融資には運転資金も含まれます。

3→誤りです。貸付限度額は7,200万円です。

4→正解です。解説は上記の通りです。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。