過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「経済学・経済政策」の過去問をランダムに出題

問題

費用便益分析による公共事業の評価基準は、純便益の大きさである。
ある町では、市街地にある老朽化した公共施設のマネジメントとして、市街地から郊外へ移転した上で新築する方法と、その場所のままでリフォームする方法を検討している。なお、現在の公共施設は、市街地に所在することが理由で、近隣に道路渋滞を発生させている。この道路渋滞は、公共施設が市街地から郊外へ新築移転することにより解消される。
新築の場合とリフォームの場合の、それぞれの費用や便益などは、下表のとおりとする。ただし、利子率はゼロとする。このとき、費用便益分析によって 2 つの方法を検討した結果として、最も適切なものを選択肢の中から選べ。
問題文の画像
   1 .
現状のままでよい。
   2 .
新築を選ぶのが望ましい。
   3 .
どちらを選んでも同じである。
   4 .
リフォームを選ぶのが望ましい。
( 中小企業診断士試験 第1次試験 経済学・経済政策 令和元年度(2019年) )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。