過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「経済学・経済政策」の過去問をランダムに出題

問題

自由貿易協定によって、それまで輸入が禁止されていた果物の輸入が自由化されることになった。下図には、この果物に関する国内市場の需要曲線Dと供給曲線Sが描かれている。輸入自由化によって、国内価格がP0から国際価格P1になったときの消費者余剰と生産者余剰に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
問題文の画像
   1 .
自由貿易協定によって、消費者余剰は( 3 )と( 4 )の分だけ増加する。
   2 .
自由貿易協定によって、生産者余剰は( 1 )よりも大きくなり、消費者余剰は( 5 )よりも大きくなる。
   3 .
自由貿易協定による、生産者から消費者への再分配効果は( 1 )と( 2 )である。
   4 .
自由貿易協定による生産者余剰の減少分は( 2 )である。
   5 .
自由貿易協定による総余剰の増加分は、( 2 )( 3 )を加えたものである。
( 中小企業診断士試験 第1次試験 経済学・経済政策 令和3年度(2021年) 問25 )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。