過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「財務・会計」の過去問をランダムに出題

問題

投資評価基準に関する記述として、最も適切なものはどれか。
   1 .
会計的投資利益率法に使われる会計利益には減価償却費を計算に入れない。
   2 .
回収期間法における回収期間とは、プロジェクトの経済命数のことである。
   3 .
正味現在価値はパーセントで表示される。
   4 .
正味現在価値法と内部収益率法は共にDCF法であるが、同一の結論を導くとは限らない。
( 中小企業診断士試験 第1次試験 財務・会計 令和元年度(2019年) )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
設問を通常順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。