過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「運営管理」の過去問をランダムに出題

問題

ある小売店のID-POSデータを使ったRFM分析を行う。この店舗においては、顧客1来店当たりの購買単価に大きな差がない。このため、販売戦略上、定期的に高頻度で顧客の来店を促すことが重要であると判断し、R(最近購入日)とF(平均来店間隔日数)で、以下の図のように顧客を a ~ i の9つのグループに分ける場合を考える。
b、d、f、h、i の5つの顧客グループから、この店舗にとって優良顧客の離反の可能性が高まっていることを注意すべきグループを選ぶとき、最も適切なものはどれか。下記の解答群から選べ。
問題文の画像
   1 .
b
   2 .
d
   3 .
f
   4 .
h
   5 .
i
( 中小企業診断士試験 第1次試験 運営管理 令和2年度(2020年) 問135 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

正解は2.(d)です。


顧客1来店あたりの購買単価に大きな差がないので、F(平均来店間隔日数)が短い顧客グループ a, d, g が優良顧客のグループと判断できます。そのうち、最近購入日が古いほど離反の可能性が高まっていると注意すべきで、gが最も注意すべきですが回答選択肢にないので、dが正解となります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。