過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

中小企業診断士「経営情報システム」の過去問をランダムに出題

問題

コロナ禍の影響もあり、テレワークが一般化してきた。テレワークを行うには、社内で行っていた作業環境をリモートで実現する必要がある。総務省は「テレワークセキュリティガイドライン第5版」を発表し、その中で、テレワークの方式を分類している。
この分類に関する記述として、最も適切なものはどれか。
   1 .
「VPN」方式とは、テレワーク端末からVDI上のデスクトップ環境に接続を行い、そのデスクトップ環境を遠隔操作して業務を行う方法である。
   2 .
「仮想デスクトップ」方式とは、テレワーク端末からオフィスネットワークに対してVPN接続を行い、そのVPNを介してオフィスのサーバ等に接続し業務を行う方法である。
   3 .
「セキュアコンテナ」方式とは、テレワーク端末にファイアウォールで保護された仮想的なWeb環境を設け、その環境内でアプリケーションを動かし業務を行う方法である。
   4 .
「セキュアブラウザ」方式とは、テレワーク端末からTorブラウザと呼ばれる特殊なインターネットブラウザを利用し、オフィスのシステム等にアクセスし業務を行う方法である。
   5 .
「リモートデスクトップ」方式とは、テレワーク端末からオフィスに設置された端末( PCなど )のデスクトップ環境に接続し、そのデスクトップ環境を遠隔操作して業務を行う方法である
( 中小企業診断士試験 第1次試験 経営情報システム 令和3年度(2021年) 問185 )

この過去問の解説

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
まだ、解説はありません。
付箋メモを残すことが出来ます。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この中小企業診断士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。