過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

技術士「令和2年度(2020年)」の過去問を出題

問題

ユニバーサルデザインに関する次の記述について、(   )に入る語句の組合せとして最も適切なものはどれか。

北欧発の考え方である、障害者と健常者が一緒に生活できる社会を目指す( ア )、及び、米国発のバリアフリーという考え方の広がりを受けて、ロナルド・メイス(通称ロン・メイス)により1980年代に提唱された考え方が、ユニバーサルデザインである。ユニバーサルデザインは、特別な設計やデザインの変更を行うことなく、可能な限りすべての人が利用できうるよう製品や( イ )を設計することを意味する。ユニバーサルデザインの7つの原則は、(1)誰でもが公平に利用できる、(2)柔軟性がある、(3)シンプルかつ( ウ )な利用が可能、(4)必要な情報がすぐにわかる、(5)( エ )しても危険が起こらない、(6)小さな力でも利用できる、(7)じゅうぶんな大きさや広さが確保されている、である。
   1 .
ア:カスタマイゼーション  イ:環境  ウ:直感的  エ:ミス
   2 .
ア:ノーマライゼーション  イ:制度  ウ:直感的  エ:長時間利用
   3 .
ア:ノーマライゼーション  イ:環境  ウ:直感的  エ:ミス
   4 .
ア:カスタマイゼーション  イ:制度  ウ:論理的  エ:長時間利用
   5 .
ア:ノーマライゼーション  イ:環境  ウ:論理的  エ:長時間利用
( 技術士 第一次試験 令和2年度(2020年) 基礎科目「設計・計画に関するもの」 )

この過去問の解説 (1件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
-1
評価しない
ユニバーサルデザインに関する問題です。

ユニバーサルデザインとは、文化・言語・国籍や年齢・性別・能力などの違いにかかわらず、出来るだけ多くの人が利用できることを目指した環境・建築・製品・情報などの設計(デザイン)を意味します。

障害者と健常者が一緒に生活できる社会のことをノーマライゼーションと言います。
カスタマイゼーションとは、顧客個人の要望に適合するよう、特注で商品やサービスを製作することを指します。

ユニバーサルデザインの7つの原則は、以下の通りです。
(1)誰もが公平に利用できる
(2)柔軟性がある
(3)シンプルかつ直感的な利用が可能
(4)必要な情報がすぐにわかる
(5)ミスしても危険が起こらない
(6)小さな力でも利用できる
(7)じゅうぶんな大きさや広さが確保されている

以上より、3が正解になります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。