過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

技術士「平成29年度(2017年)」の過去問をランダムに出題

問題

倫理的な意思決定を行うためのステップを明確に認識していることは、技術者としての道徳的自律性を保持し、よりよい解決策を見いだすためには重要である。同時に、非倫理的な行動を取るという過ちを避けるために、倫理的意思決定を妨げる要因について理解を深め、人はそのような倫理の落とし穴に陥りやすいという現実を自覚する必要がある。次の( ア )~( キ )に示す、倫理的意思決定に関る促進要因と阻害要因の対比のうち、不適切なものの数はどれか。
問題文の画像
   1 .
0
   2 .
1
   3 .
2
   4 .
3
   5 .
4
( 技術士 第一次試験 平成29年度(2017年) 適性科目 問45 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
4
評価しない
論理的な意思決定に関する、組み合わせ問題です。

論理的な意思決定を促進する要因である促進要因と、それを妨げる阻害要因の組み合わせが一覧になっています。

この中で、(ア)~(カ)は、促進要因と阻害要因の組み合わせとして妥当です。
(キ)は、促進要因が「依存的思考」とありますが、これは意思決定を阻害する要因であるため不適切です。
促進要因は「自律的思考」、阻害要因は「依存的思考」が正しいです。

よって、(キ)のみが不適切なので、2が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
1
評価しない

 倫理的な意思決定に係る要因には、それを促進するための「促進要因」とそれを妨げる「阻害要因」があります。

問題文に掲げられた促進要因と阻害要因の対比の適切性は以下のとおりです。

(ア)適切です

(イ)適切です

(ウ)適切です

(エ)適切です

(オ)適切です

(カ)適切です

(キ)不適切です

 「依存的思考」は阻害要因であり、「自律的思考」が促進要因となります。

 以上より、不適切なものの数は1となります。

 よって、正解は、2となります。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。