過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

技術士「平成30年度(2018年)」の過去問をランダムに出題

問題

近年、さまざまな倫理促進の取組が、行為者の萎縮に繋がっているとの懸念から、行為者を鼓舞し、動機付けるような倫理の取組が求められている。このような動きについて書かれた次の文章において、(   )に入る語句の組合せのうち、最も適切なものはどれか。

国家公務員倫理規程は、国家公務員が、許認可等の相手方、補助金等の交付を受ける者など、国家公務員が( ア )から金銭・物品の贈与や接待を受けたりすることなどを禁止しているほか、割り勘の場合でも、( ア )と共にゴルフや旅行などを行うことを禁止しています。
しかし、このように倫理規程では公務員としてやってはいけないことを述べていますが、人事院の公務員倫理指導の手引では、倫理規程で示している倫理を「( イ )の公務員倫理」とし、「( ウ )の公務員倫理」として、「公務員としてやった方が望ましいこと」や「公務員として求められる姿勢や心構え」を求めています。
技術者倫理においても、同じような分類があり、狭義の公務員倫理として述べられているような、「~するな」という服務規律を典型とする倫理を「( エ )倫理(消極的倫理)」、広義の公務員倫理として述べられている「したほうがよいことをする」を( オ )倫理(積極的倫理)と分けて述べることがあります。技術者が倫理的であるためには、この2つの側面を認識し、行動することが必要です。
   1 .
( ア )利害関係者  ( イ )狭義  ( ウ )広義  ( エ )規律  ( オ )自律
   2 .
( ア )知人  ( イ )狭義  ( ウ )広義  ( エ )予防  ( オ )自律
   3 .
( ア )知人  ( イ )広義  ( ウ )狭義  ( エ )規律  ( オ )志向
   4 .
( ア )利害関係者  ( イ )狭義  ( ウ )広義  ( エ )予防  ( オ )志向
   5 .
( ア )利害関係者  ( イ )広義  ( ウ )狭義  ( エ )予防  ( オ )自律
( 技術士 第一次試験 平成30年度(2018年) 適性科目 問44 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
3
評価しない
倫理促進の取り組みに関する問題です。

国家公務員倫理規程は、国家公務員が、許認可等の相手方、補助金等の交付を受ける者など、国家公務員が【(ア)利害関係者】から金銭・物品の贈与や接待を受けたりすることなどを禁止しているほか、割り勘の場合でも、【(ア)利害関係者】と共にゴルフや旅行などを行うことを禁止しています。
しかし、このように倫理規程では公務員としてやってはいけないことを述べていますが、人事院の公務員倫理指導の手引では、倫理規程で示している倫理を「【(イ)狭義】の公務員倫理」とし、「【(ウ)広義】の公務員倫理」として、「公務員としてやった方が望ましいこと」や「公務員として求められる姿勢や心構え」を求めています。
技術者倫理においても、同じような分類があり、狭義の公務員倫理として述べられているような、「~するな」という服務規律を典型とする倫理を「【(エ)予防】倫理(消極的倫理)」、広義の公務員倫理として述べられている「したほうがよいことをする」を【(オ)志向】倫理(積極的倫理)と分けて述べることがあります。技術者が倫理的であるためには、この2つの側面を認識し、行動することが必要です。

よって各解答は、
(ア)利害関係者 (イ)狭義 (ウ)広義 (エ)予防 (オ)志向
となるので、4が正解です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

技術者倫理に関する穴埋め問題です。

国家公務員倫理規程では、利害関係者を「特定の事務の相手方となる事業者等又は個人」と位置づけ、利害関係者との行動規則を定めています。

公務員倫理指導の手引きでは、「広義の公務員倫理」(公務員としてやった方が望ましいこと、公務員として求められる姿勢や心構え)と、「狭義の公務員倫理」(やらなくてはいけないこと、やってはいけないこと)を求めています。

倫理の分類には、責任や義務を典型とする「予防倫理」と、自らの正しい判断で社会への貢献を目指す「志向倫理」があります。

したがって、

(ア)利害関係者

(イ)狭義

(ウ)広義

(エ)予防

(オ)志向

となり、4が正解になります。

評価後のアイコン
評価する
0
評価しない

倫理促進の取組に関する正誤問題です。

国家公務員倫理規程は、国家公務員が、許認可等の相手方、補助金等の交付を受ける者など、国家公務員が[(ア)利害関係者]から金銭・物品の贈与や接待を受けたりすることなどを禁止しているほか、割り勘の場合でも、[(ア)利害関係者]と共にゴルフや旅行などを行うことを禁止しています。
しかし、このように倫理規程では公務員としてやってはいけないことを述べていますが、人事院の公務員倫理指導の手引では、倫理規程で示している倫理を「[(イ)狭義]の公務員倫理」とし、「[(ウ)広義]の公務員倫理」として、「公務員としてやった方が望ましいこと」や「公務員として求められる姿勢や心構え」を求めています。
技術者倫理においても、同じような分類があり、狭義の公務員倫理として述べられているような、「~するな」という服務規律を典型とする倫理を「[(エ)予防]倫理(消極的倫理)」、広義の公務員倫理として述べられている「したほうがよいことをする」を[(オ)志向]倫理(積極的倫理)と分けて述べることがあります。技術者が倫理的であるためには、この2つの側面を認識し、行動することが必要です。

よって、

(ア)利害関係者 (イ)狭義 (ウ)広義 (エ)予防 (オ)志向

となりますので、正解は4です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。