過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

技術士「基礎科目「環境・エネルギー・技術に関するもの」」の過去問をランダムに出題

問題

次の(ア)~(オ)の科学史・技術史上の著名な業績を、古い順から並べたものとして、最も適切なものはどれか。

(ア) マリー及びピエール・キュリーによるラジウム及びポロニウムの発見
(イ) ジェンナーによる種痘法の開発
(ウ) ブラッテン、バーディーン、ショックレーによるトランジスタの発明
(エ) メンデレーエフによる元素の周期律の発表
(オ) ド・フォレストによる三極真空管の発明
   1 .
イ → エ → ア → オ → ウ
   2 .
イ → エ → オ → ウ → ア
   3 .
イ → オ → エ → ア → ウ
   4 .
エ → イ → オ → ア → ウ
   5 .
エ → オ → イ → ア → ウ
( 技術士 第一次試験 令和2年度(2020年) 基礎科目「環境・エネルギー・技術に関するもの」 )

この過去問の解説 (2件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
0
評価しない

科学技術の歴史に関する問題も技術士試験では良く出てきます。まずは、該当する年代をできるだけ正確に書き出して、並べ替えを間違えないように注意して解答しましょう。

今回の項目のそれぞれの該当年は以下の通りになります。

(ア)1898年のことになります。

(イ)1796年に開発、1798年に公表されています。

(ウ)1948年に3人の連名でその発明が発表されました。

(エ)周期表が初めて公表されたのは1870年のことになります。

(オ)1907年に米国で特許出願、1908年に特許が発効しています。

以上の事項を古い順に並べ変えると、イ→エ→ア→オ→ウ、となり、正解選択肢は1.となります。

評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
0
評価しない

(ア)ポロニウムは1898年7月にウラン鉱石から発見され、ラジウムは1898年に放射線の測定と分光学的測定から発見されました。
(イ)ジェンナーが種痘法を発表したのは1798年です。
(ウ)ブラッテン、バーディーン、ショックレーの三人の連名で1948年に発表されました。
(エ)周期表は1869年にメンデレーエフによって提案されました。
(オ)ド・フォレストは1906年に三極真空管の特許を取得しました。
したがって、古い順番から並べると
1.のイ→エ→ア→オ→ウ が正解です。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問を通常順で出題するには こちら
この技術士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。