過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28070問」を出題

問題

[ 設定等 ]
介護保険制度における訪問介護(ホームヘルプサービス)のサービスに含まれるものとして、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  理美容サービス
2 .  通帳と印鑑の預かり
3 .  生活等に関する相談・助言
4 .  庭の草むしり
5 .  訪問日以外の安否確認
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 社会の理解 )

この過去問の解説 (4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正解は3です。

1. 理美容サービスは保険適用外です。
 しかし、理美容サービスを提供している企業が複数あります。

2. 訪問介護としての印鑑・通帳を預かるサービスはありません。
 介護保険制度のもと、成年後見制度を契約して印鑑・通帳を預けることは可能です。

4. 利用者本人に直接援助するわけではない「庭の草むしり」は、訪問介護の業務にあたりません。

5. 単なる安否確認や健康チェックでは訪問介護費として算定できないため、この回答は不適切となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は「3」です。
生活に関する相談や助言はサービス内容に含まれています。

不正解とその解説
「1」・・・理美容サービスは介護保険外サービスとなります。

「2」・・・訪問介護では通帳と印鑑は預かることはできません。

「4」・・・利用者に対してのサービスではないため、介護保険でのサービス対象外となります。

「5」・・・訪問日ではない時の安否確認などのサービスは利用できません。

訪問介護で何ができて何ができないのかを問われる問題が出題されるケースが多くみられますので、暗記しておきましょう。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は3です。

生活等に関する相談や助言は訪問介護のサービスに含まれます。

1.理美容サービスは含まれません。

2.訪問介護のスタッフが通帳と印鑑を預かることはありません。

4.利用者の生活に直接的な影響がないことは訪問介護では行なえません。

5.訪問日以外の安否確認はサービスに含まれていません。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
訪問日以外の安否確認について
利用者や家族から依頼があった場合、担当介護支援専門員が必要があると判断した際は緊急時訪問介護加算の対象になります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。