過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28074問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Dさん(45歳、男性)は脊髄損傷(spinal cord injury)による肢体不自由で、身体障害者手帳3級を所持している。同居家族の高齢化もあり、「障害者総合支援法」に基づくサービスを利用するために認定調査を受けたところ、障害支援区分3と判定された。

Dさんが利用できるサービスとして、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
療養介護
 2 . 
重度訪問介護
 3 . 
重度障害者等包括支援
 4 . 
短期入所
 5 . 
行動援護
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 社会の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
74
評価しない
障害者総合支援法では、障害等級ではなく障害支援区分によって受けられるサービスが異なります。
 区分5以上 療養介護
 区分4以上 重度訪問介護
 区分6   重度障害者等包括支援
 区分4以上 行動支援(50才以上は3以上)
 区分1以上 短期入所

このケースの場合は「3」の短期入所となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
25
評価しない
正解は4です。

短期入所は区分1から利用することが可能なため、区分3のDさんは利用することが出来ます。

1.療養介護は区分5から利用できます。経過措置として区分1から利用できることはありますが、この場合は該当しません。

2.重度訪問介護は区分4以上でないと利用できません。

3.重度障害等包括支援は区分6でないと利用できません。

5.行動養護は知的障害者や精神障害者が行動する際に必要な援助を行なうものです。Dさんは対象ではありません。
評価後のアイコン
評価する
23
評価しない
正解は「4」です。

不正解とその解説

「1」・・・療養介護は区分5以上です。

「2」・・・重度訪問介護は区分4以上です。

「3」・・・重度障害者等包括支援は区分6です。

「5」・・・行動援護は区分3からですが、知的障害又は精神障害により著しい困難を有する障害者等が対象です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。