過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28082問」を出題

問題

[ 設定等 ]
リハビリテーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
   1 .
障害が固定してから開始する訓練のことである。
   2 .
福祉用具を使用せずに、身体的自立を目指すことである。
   3 .
リハビリテーションには、名誉の回復の意味がある。
   4 .
レクリエーションとリハビリテーションは、対極の概念である。
   5 .
施設サービスに限定されている。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 介護の基本 )

この過去問の解説 (3件)

このページは設問の個別ページです。
学習履歴を保存するには こちら
評価する
27
評価しない
正解は3です。

リハビリテーションは単に復帰の為の訓練を指す言葉ではなく、再び適した状態に戻ることや、本来あるべき状態へ回復することといった意味があります。その中には名誉の回復も含まれます。

1.障害が固定する前に集中的にリハビリを提供するというのが現在の医療の考え方です。

2.必要であれば福祉用具を使用します。

4.レクリエーションとリハビリテーションは対極したものではありません。レクリエーションで行なう活動にはリハビリ効果があります。

5.通所サービスや訪問サービス、外来サービスなど様々な形でリハビリテーションは提供されています。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は「3」です。
身体的機能の回復だけでなく、精神的な配慮も必要とし、自信回復にも繋げなければいけません。

不正解とその解説
「1」・・・障害が固定する前に訓練をする必要があります。

「2」・・・福祉用具を使用しても構いません。

「4」・・・対極ではなく、相互関係にあります。

「5」・・・施設サービスだけではなく、通所リハビリ、訪問リハビリなど様々な形で居宅サービスにも提供されています。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
正解は3です。
単に身体的機能を回復するのではなく
病気により自信を失ってしまった精神的な苦痛へのアプローチを行い
自身の価値感、存在意義を再認識することも含まれています。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
設問をランダム順で出題するには こちら
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。