過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28090問」を出題

問題

[ 設定等 ]




重度の失語症(aphasia)のある人とのコミュニケーションの方法として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
五十音表を見せて、指でさしてもらう。
 2 . 
口を大きく開けて、声を出すように促す。
 3 . 
重度障害者用意思伝達装置を使う。
 4 . 
単語をひらがなで書いてもらう。
 5 . 
いくつかの絵の中から選んで、指でさしてもらう。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
29
評価しない
正解は5です。

重度の失語症がある人とのコミュニケーションでは絵などの視覚化された情報を利用するのが適切です。

1.重度の失語症がある人は五十音表の理解は難しいでしょう。

2.失語症は声が出ないわけではありません。

3.重度障害者用意思伝達装置は全身が使えず発語ができない障害者とのコミュニケーションに使用します。失語症の人は対象ではありません。

4.重度の失語症の人は単語をひらがなで書くことは難しいでしょう。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
15
評価しない
正解は5です。
失語症は、脳の損傷によって話したり、聞いたり、読んだり、書いたり、計算したりすることがうまくできなくなります。
重度の失語症では読み書きは難しいため、絵を選んでもらうのが適切です。
評価後のアイコン
評価する
10
評価しない
正解は5です。

 選択肢3の「重度障害者用意思伝達装置」を選択してしまいがちですが、これは、全身に障害があり発語ができない場合に利用するものです。

 問題は「重度の失語症」ですので、視覚的なアプローチとして絵によるコミュニケーションを図ります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。