過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28091問」を出題

問題

[ 設定等 ]




中程度の老人性難聴(presbycusis)のある人とのコミュニケーションに関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
補聴器には短期間で慣れると説明する。
 2 . 
認知症(dementia)がある場合は、補聴器の使用を避ける。
 3 . 
話し手の口元に注目するように促す。
 4 . 
耳元で、できるだけ大きな声で話す。
 5 . 
後ろから近づいて、静かに話しかける。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正解は3です。
話し相手の口元の動きや表情などから会話の内容を推測できるため、コミュニケーションをとりやすくなります。
1.補聴器に慣れるのは時間がかかる場合もあります。
2.認知症があっても補聴器を使用することでコミュニケーションがとりやすくなることがあります。
4.聞き取りやすい声で、ゆっくりと話します。
5.驚かせてしまうのは良くありません。視界に入って話しかけます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
7
評価しない
正解は3です。

口の動きからある程度言葉を推測することができるため、コミュニケーションがとりやすくなります。

1.補聴器になれるのには個人差があります。

2.認知症の人にも補聴器は有効です。

4.威圧的にならないよう普通の声で聞き取りやすいようにゆっくりと話すようにします。

5.相手を驚かせる行為で不適切です。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は3です。

 口の動きや唇の動き(読唇術)、表情に注目することで、何を言っているのか、どんな言葉を発しているのかを感じ、推測できます。
 空返事やわかったふりをして会話を進めると、相手に不快感を与えます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。