過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28094問」を出題

問題

[ 設定等 ]




次の事例を読んで、問に答えなさい。

〔事例〕
Jさん(78歳、女性)は、軽度の認知症(dementia)がある。K訪問介護員(ホームヘルパー)が訪問した時、Jさんは、K訪問介護員(ホームヘルパー)が前日に準備した夕食を食べていなかった。
Jさんは、不安そうな表情で昨日から食卓にある料理を指さして、「これは私が食べていいの?」「これは誰のもの?」と、K訪問介護員(ホームヘルパー)に尋ねてきた。冷蔵庫の中のお茶を飲んでいただけで、他には何も食べていない様子だった。

食卓にある料理はJさんのものだと説明した後、Jさんに対するK訪問介護員(ホームヘルパー)の声かけとして、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
「なぜ食べなかったのですか」
 2 . 
「食べなければだめですよ」
 3 . 
「無理してでも食べてください」
 4 . 
「一緒に作って食べましょう」
 5 . 
「1日に3食は食べましょう」
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) コミュニケーション技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
8
評価しない
正解は4です。
Jさんは、食卓にある料理が自分のものかどうかわからなかったために食べなかったと思われます。
1.2.3.5.のような相手を不快にさせるような強い言い方や無理強いはしてはいけません。
一緒に行動することで安心感や信頼感がもたれます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は4です。
Jさんの不安を軽減するための声がけですので「~を一緒に行いましょう!」と伝えるのが適切な対応です。
他の選択肢は相手を否定したり、価値観の押し付けになりますので不適切です。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は4です。

強い指示や禁止はJさんを不快な気持ちや不安な気持ちにさせることになります。相手の気持ちに寄り添った声かけが必要です。選択肢の中では4が適切です。

1.2.3.5.問題文からJさんは用意された食事がじぶんのものかどうか分からなかったために食べていなかったと理解できます。この状況での声かけとして1.2.3.5は適切ではありません。

評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。