過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28103問」を出題

問題

実行機能障害のある利用者への更衣の介護として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
季節に合う衣類を介護福祉職が選ぶ。
 2 . 
利用者の好みよりも機能性を重視する。
 3 . 
必要な衣類をまとめて渡す。
 4 . 
隣で、洋服を着る動作を示す。
 5 . 
着る順番を紙に書いて渡す。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

評価する
14
評価しない
正解は4です。

実行機能障害は高次脳機能障害の一つであり、目的を持った一連の活動ができなくなることを言います。
実行機能障害がある人に対しては一つ一つの動作を区切るように行動を示していくのが良い方法です。

1.服を選んでも着ることが難しいでしょう。

2.機能性だけでなく好みも尊重するべきです。

3.まとめて渡すことは利用者の混乱をまねきます。

5.実行機能障害がある場合、紙に書いて渡しても実行することは出来ません。
評価後のアイコン
2017/12/19 10:11
ID : ppswxtvfob
誤答履歴は保存されていません。
誤答履歴を保存するには、会員登録(無料) が必要です。
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
3
評価しない
正解は4です。
「着る」という行為を実際の動作にて示すコミュニケーションが適切な方法です。

実行機能障害とは、「状況判断して、それにふさわしい行動を遂行する能力」に障害が起きることです。
初期軽度の認知症の方、特に初期のアルツハイマー型認知症の方に多く見られます。
評価後のアイコン
2018/04/05 17:14
ID : sejbeemty
評価する
2
評価しない
正解は4です。
実行機能障害がある人には、着る動作をひとつひとつ示す方法が適切です。
1.3.5.結局、着る際には一人ではできないでしょう。
2.一緒に選ぶなど、利用者の好みも考慮します。
評価後のアイコン
2018/01/09 13:20
ID : efcurmjfq
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。