過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28105問」を出題

問題

[ 設定等 ]
Mさん(89歳、女性)は、加齢に伴う両下肢の筋力低下がある。立位保持ができなくて、日中ベッドで臥床して過ごすことが多い。ベッドから車いすへの移乗は一部介助が必要であるが、車いすは自分で操作できる。

Mさんの上肢を活用した移乗介護に使用する福祉用具として、最も適切なものを1つ選びなさい。
1 .  スライディングボード
2 .  スライディングシート(マット)
3 .  回転移動盤
4 .  介助型車いす
5 .  移動用リフト
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説 (3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
32
評価しない
正解は1です。

スライディングボードを使用することで座位のまま滑らせるようにして移乗動作を行なうことが出来ます。

2.スライディングシートは寝ている患者を動かすときなどに使用します。

3.回転移動板は移乗の際に利用者の足の下におき、方向転換しやすいようにする福祉用具です。要介護者が立ち上がれることが使用する場合の前提条件となります。

4.Mさんは自分で車椅子を操作できるため、介助用車椅子は不適切です。

5.移動用リフトが必要な身体レベルではありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は1です。
スライディングボードを使用することで、Mさんの上肢の力を活用しながら座位のまま滑らせて移乗が可能になります。
2.スライディングシートは、寝たままの人をベッド上で移動させる時に使用します。
3.回転移動板は、Mさんは立位保持ができないので使用できません。
4.5.Mさんは車イス操作ができるので、必要ありません。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
正解は1です。
「ベッドから車いすへの移乗は一部介助が必要であるが、車いすは自分で操作できる」という状態を想像すると、1のスライディングボードが適切になります。
それぞれの福祉用具の用途について理解することが重要です。

スライディングボードとは
座位姿勢でのベッドと車いす間を移乗することができるボードです。
ボードは滑りやすい素材でできているので、安定した姿勢で移乗することができます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。