過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28107問」を出題

問題

[ 設定等 ]




ロフストランドクラッチ(Lofstrand crutch)の握りの高さを決める身体部位の位置として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
臍部
 2 . 
腋窩部
 3 . 
大転子部
 4 . 
肘関節部
 5 . 
腸骨部
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
25
評価しない
正解は3です。
ロフストランドクラッチとは、前腕を固定する輪がついた杖のことです。
他の杖と同様に、握りの高さは「大転子部」です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
16
評価しない
正解は3です。

大転子部(股関節の大腿骨の外側の出っ張りの部分)
が杖の握りの高さの基本です。

ロフストランドクラッチは「前腕固定型杖」といい、杖の上部が握りの上まで伸びて、そこに前腕カフがついていて、腕を通して固定できます。
握りと前腕の2点で支えるので、腕の力も使えます。
握力が十分にないとき有効です。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は3です。

杖の握りの高さの基本は大腿骨の大転子部です。ロフストランドクラッチでも同様です。

1.2.4.5.杖の構造を理解していれば位置が高すぎることはすぐに分かります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。