過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28109問」を出題

問題

[ 設定等 ]




要介護度が高く、日中もベッド上で過ごしている利用者の廃用症候群(disuse syndrome)の予防として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
安静を保ち臥位で過ごしてもらう。
 2 . 
4時間ごとに体位変換を行う。
 3 . 
ADL(Activities of Daily Living:日常生活動作)は全介助で行う。
 4 . 
個別レクリエーションを取り入れる。
 5 . 
一人で過ごせる環境をつくる。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
24
評価しない
正解は4です。

個別レクリエーションによって活動時間を増やすことは廃用症候群の予防につながります。

1.臥位ばかりで過ごすことが廃用症候群の原因です。

2.体位変換は2時間を越えないように行なうのが基本です。

3.全介助ではなく、利用者の残存機能を最大限に活かすような介助を行なう必要があります。

5.1人ではなく、他の人と一緒に過ごす時間を作るべきです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は4です。

廃用症候群とは過度に安静にすることや、活動性が低下したことによる身体に生じた様々な状態をさします。

上記のことを理解をした上で選択肢をみていくと
1、安静で臥位(寝た状態)は、廃用症候群になる危険性が高いです。

2、4時間ごとではなく、2時間を超こえない体位変換が基本です。

3、ADLは全介助ではなく、残像機能を活かすことで廃用症候群の予防に努めます。

5、一人で過すだけでなく、社会参加の意味もふくめ、他者と過ごし関係性を図ることが重要です。


よって、正解は4。
ご本人の身体的レベル、趣味、好きなことも考慮した個別レクリエーションが効果的です。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は4です。
本人のレベルに合わせた個別レクリエーションを取り入れることで廃用症候群の予防につながります。
1.臥位ばかりでは廃用症候群になってしまいます。
2.体位変換は少なくとも2時間ごとに行います。
3.残存機能は活かしましょう。
5.他の人と過ごす時間をつくります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。