過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28115問」を出題

問題

[ 設定等 ]




弛緩性便秘の利用者に提供する食べ物として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
ごぼうの煮物
 2 . 
白身魚の煮つけ
 3 . 
おかゆ
 4 . 
ゆで卵
 5 . 
焼き肉
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(5件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
14
評価しない
正解は1です。

弛緩性便秘は、腸の蠕動運動が低下したことによって起こる便秘です。蠕動運動を補助するために、食物繊維や水分を多く摂るようにします。
ごぼうには多くの食物繊維が含まれており、弛緩性便秘に有効です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は1です。

弛緩性便秘とは、大腸の動きや緊張が低下することで、便が長く大腸に滞留することで起きる便秘です。
大腸は食物の水分を吸収するため、便が長い時間大腸にあると水分が過度に抜けて硬い便になってしまいます。

弛緩性便秘への対応としては、水分と食物繊維の多い食品をしっかり摂ることが大切です。
選択肢の中で食物繊維が多いものは1のごぼうとなります。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
正解は1です。
弛緩性便秘にはたっぷり食物繊維と水分をとることが有効とされています。ごぼうは食物繊維が多い食べ物です。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は「1」です。
弛緩性便秘とは排泄回数が少なくて、便が出にくい症状をいいます。非水溶性食物繊維の食材が有効です。

不正解とその解説
5つの選択肢の中で、非水溶性食物繊維が多く含まれているのが「1」だけです。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
最も適切なものは1です。

大腸は一定のリズムと緊張をもって運動し、老廃物を送り出します。弛緩性便秘はリズムと緊張の低下により、便が停滞している状態です。これを解消するには水分と非水溶性食物繊維をしっかり摂り、腸が動くように刺激することが大切です。選択肢1~5の中で非水溶性食物繊維が含まれているのは1です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。