過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28119問」を出題

問題

[ 設定等 ]




安眠を促す生活習慣に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
就寝直前に入浴する。
 2 . 
夜食をとる。
 3 . 
就寝前に、軽いストレッチを行う。
 4 . 
就寝前に、温かいコーヒーや紅茶を飲む。
 5 . 
多量に飲酒する。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 生活支援技術 )

この過去問の解説(5件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
10
評価しない
正解は3です。

軽いストレッチにはリラクゼーション効果があり、副交感神経が優位になることで安眠効果が期待できます。

1.体温が上がることで寝付きにくくなります。

2.消化不良や逆流性食道炎、肥満の原因となる行為で不適切です。

4.コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれているため、覚醒して安眠しにくくなります。

5.多量の飲酒をすると眠りが浅くなり、安眠できません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
5
評価しない
正解は3です。
就寝前に軽いストレッチを行うことによって、心身をリラックスさせて眠りの質を高めます。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
最も適切なのは3です。

不適切なものについては、以下のとおりです。

1.体温の上昇により目がさえたり、体が火照って眠れなかったりします。入浴後しばらくたって、体温が下がってきたときが、入眠としてはベストです。
2.食事は睡眠の2時間前までに行います。胃もたれ、胸やけを起こさないようにするためです。
4.コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれているので、目が冴えてしまいます。
5.アルコールは寝る3時間前に済ませましょう。アルコールで眠気を感じても、浅い眠りにすぎません。アルコールを分解する際の物質が関連するといわれています。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は「3」です。

軽いストレッチを行うと、副交感神経が優位になって、安眠に効果があります。

1 入浴自体は問題ないのですが、「直前」というのが✖。体温や血圧が上昇すると、眠りの妨げとなります。

2 寝る前に食事をしてしまうと、胃もたれの原因になります。2時間前には済ませるとよいでしょう。

4 温かい飲み物を飲むことはよいのですが、コーヒーや紅茶には覚醒作用のあるカフェインが含まれているため✖。

5 適量の飲酒であればよいですが、深酒すると眠りはかえって浅くなってしまいます。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は「3」です。
軽いストレッチや体操を行うことで副交感神経が働き、体がリラックスされ、安眠に繋がります。

不正解とその解説
「1」・・・就寝直前の入浴は体温が上がり、逆に眠りの妨げに繋がります。

「2」・・・消化不良などの原因になるため、不適切です。

「4」・・・コーヒーや紅茶はカフェインが含まれているため、安眠の妨げに繋がります。

「5」・・・多量の飲酒をすると、浅い眠りになります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。