過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28124問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Cさんはアルツハイマー型認知症(dementia of the Alzheimer’s type)で、介護老人福祉施設に入所している。仲の良かったDさんが、1週間前に経済的な理由で別の階の多床室に移動した。Cさんは、寂しそうな表情で廊下を歩き回り、Dさんを探しながら、他の利用者の部屋に入っていく。Dさんも「Cさんに会いたい」と介護福祉職に話している。

Cさんの生活課題として、最も優先すべきものを1つ選びなさい。
 1 . 
Dさんの居室移動を理解すること
 2 . 
廊下を自由に歩き回れるようになること
 3 . 
新しい友人をつくること
 4 . 
自分の部屋で落ち着いて過ごせること
 5 . 
Dさんとの交友関係を保てること
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 介護過程 )

この過去問の解説(5件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
7
評価しない
最も優先すべきものは5です。

他の選択肢については、以下のとおりです。
1.Cさんは認知症のため、理解することは難しいです。
2.他の利用者への迷惑にもなり、根本的な解決になりません。
3.Cさんの気持ちもDさんの気持ちも尊重されておらず、解決になりません。
4.精神的に落ち着ける一つの理由が、Dさんに会うことです。直接的な解決になりません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は5です
CさんもDさんも急に離れてしまい、お互いに会いたいという気持ちが明確です。
何らかの工夫で交友関係を保つことで精神的に安定し、Cさんが廊下を歩き回ったり他の部屋に入ったりといった事が軽減されることが期待できます。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は5です。

CさんとDさんの間には良い人間関係が出来ており、今後も交友関係を続けることを望んでいます。よって、CさんとDさんが交友を継続できる環境設定を行なうことが重要です。

1.2.3.4.いずれも本人の気持ちを反映した生活課題になっていないため、不適切です。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は「5」です。
違う階や居室に移ったとしても、交友が図れるような環境整備や支援が必要です。

不正解とその解説
「1」・・・アルツハイマー型認知症との事なので、移動を理解するのは困難です。

「2」・・・歩き回われる環境を整備したとしても、根本の解決にはなりません。

「3」・・・本人やDさんの意思を尊重し、交友関係を継続できる支援が必要です。

「4」・・・Dさんに会いたいと訴えがあるため、適切ではありません。
評価後のアイコン
評価する
1
評価しない
正解は「5」です。

認知症のあるCさんですが、DさんもCさんに会いたがっていることから、ふたりの関係性はとても良好です。本人の行動はDさんに会いたいためと考えられます。ふたりの交流の機会を設けることは、最優先の生活課題と言えます。

1 Cさんには認知症があることから、Dさんの居室が変わったことを理解することは難しいです。また理解できたからといって、Dさんに会えないことには変わりがありません。理解させようと考えること自体が、本人の意思に添っていないといえるでしょう。

2 歩き回ることを妨げないように、他利用者への配慮や危険のない環境設定を行うことは重要ですが、根本的な解決にはなりません。

3 本人の意思に全く沿っていません。

4 Dさんに会いたいCさんが、部屋にじっとしていることを望んでいるとは考えにくいです。Dさんとの交流が保たれれば、落ち着いて過ごせるようになるかもしれません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。