過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28135問」を出題

問題

[ 設定等 ]
甲状腺機能低下症(hypothyroidism)の症状として、適切なものを1つ選びなさい。
1 .  浮腫
2 .  下痢
3 .  動悸
4 .  いらいら感
5 .  手の震え
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 発達と老化の理解 )

この過去問の解説 (5件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
27
評価しない
正解は1です。
甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が低下して、活動性が低下する病気です。女性に多くみられます。
症状としては、眠気、倦怠感、記憶力や計算力の低下、体温が低くなり夏でも汗をかかない、浮腫、脱毛、声が低音化してかれる、体重増加、便秘、無月経などです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
10
評価しない
正解は1です。

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌量が低下する疾患です。先天性に起こる場合(クレチン症)や、バセドウ病の治療後に起こる場合があります。
甲状腺ホルモンは体のエネルギー利用を促す重要なホルモンです。分泌が減ると、代謝機能が低下して浮腫が生じます。
1以外の選択肢の内容は、甲状腺機能が過剰に働く甲状腺機能亢進症の症状です。

2 消化管の働きも低下するため、便秘の症状が見られます。

3 心臓の機能が低下することによって、心拍数の低下(徐脈)の症状が見られます。

4 いらいら感よりも活気がなくなる、無力感を感じると言われています。

5 手が震える症状は見られません。
評価後のアイコン
評価する
7
評価しない
正解は1です。

甲状腺機能低下症は、甲状腺ホルモンの分泌量が不足することで発症する病気です。
甲状腺ホルモンは全身のエネルギー利用を促すホルモンであり、分泌が減ると神経や心臓、代謝に影響が出ます。
浮腫は甲状腺機能低下症の代表的な症状であり、代謝の低下によって粘液状の物質が沈着して浮腫(粘液水腫)となります。

2.下痢ではなく便秘の症状が見られます。

3.心臓の機能が低下し、徐脈の症状が見られます。

4.いらいら感ではなく、無力感です。

5.手が震える症状はありません。
評価後のアイコン
評価する
6
評価しない
適切なものは1です。

甲状腺ホルモンは基礎代謝に関係します。低下症は甲状腺ホルモンの分泌が低下するため、代謝機能が落ち、亢進症は分泌が過剰となり、低下とは逆の症状を引き起こします。

選択肢2~5は甲状腺機能亢進症で見られる症状です。
評価後のアイコン
評価する
5
評価しない
正解は「1」です。
甲状腺ホルモンの代表的な症状は浮腫と言われています。

不正解とその解説
「2」・・・便秘の症状がみられます。

「3」・・・徐脈の症状がみられます。

「4」・・・無力感を感じると言われています。

「5」・・・手の震えの症状はありません。

2から5までの設問は甲状腺機能亢進症で見られる症状です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して
「パスワード再発行」ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。