過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28138問」を出題

問題

[ 設定等 ]




介護保険法における認知症対応型共同生活介護(グループホーム)に関する次の記述のうち、適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
地域住民と関わる機会は少ない。
 2 . 
家庭的な雰囲気によって、症状の安定が図られる。
 3 . 
1ユニットの入所者は10名までである。
 4 . 
機能訓練は行わない。
 5 . 
施設が決めた一律の日課によって、生活の維持が図られる。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 認知症の理解 )

この過去問の解説(4件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
18
評価しない
正解は2です。

グループホームは認知症高齢者が家庭的な雰囲気の中で穏やかに生活することを目的としたサービスです。

1.地域住民との社会交流は積極的に行なわれます。

3.1ユニットは5人から9人までです。

4.身体機能維持の為、機能訓練が行なわれます。

5.施設での過ごし方は利用者の意思や希望が尊重されます。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は「2」です。
グループホームとは、認知症の高齢者が最大9名という少人数で一緒に生活する施設です。

介護スタッフと一緒に料理をするなど、家庭的な雰囲気の中で役割を持ちながら穏やかに生活できます。認知症の進行を遅くする効果が期待できます。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
適切なものは2です。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.グループホームは家庭的な環境と地域住民との交流のもとで、認知症の進行を遅らせる効果を狙ったもののため、誤りです。

3.1ユニットは5人~9人です。

4.できる限り自立した生活が送れるようにすることを目的としており、身体機能維持のため、機能訓練は行われます。

5.家庭的な雰囲気の中で症状の進行を遅らせて、できる限り自立した生活が送れるようにすることが目的なので、一律の日課は不適切です。
評価後のアイコン
評価する
2
評価しない
正解は2です。
グループホームとは、認知症の高齢者が少人数で共同生活を送る施設です。介護スタッフと一緒に、家庭的な雰囲気の中で穏やかに生活できます。自分のできる範囲で家事や身の回りの事を行うことで、認知症の進行を遅くする効果が期待できます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。