過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28149問」を出題

問題

[ 設定等 ]




老人性難聴(presbycusis)の特徴として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
伝音性難聴に分類される。
 2 . 
高音域から始まる。
 3 . 
語音明瞭度は高くなる。
 4 . 
ウイルス感染で生じる。
 5 . 
症状は急激に進行する。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 障害の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
17
評価しない
正解は2です。

老人性難聴は高音域から障害され、会話音域、低音域と障害されていきます。

1.老人性難聴は感音声難聴が多いです。
音を感じる神経が障害されることで起こる難聴を感音声難聴と言います。
外耳や中耳で起こった病気により音振動の伝わりが障害される難聴を伝音性難聴と言います。

3.語音明瞭度は低くなります。

4.加齢が主な原因です。

5.症状は徐々に進行します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
6
評価しない
正解は「2」です。

老人性難聴は高音域が初めに障害されます。

1 老人性難聴は感音声難聴が多いです。

3 語音明瞭度は「あ」「い」といった単音を聞き分ける力のことで、老人性難聴では低くなります。

4 ウイルスが原因ではありません。

5 症状は徐々に進行します。
評価後のアイコン
評価する
3
評価しない
正解は2です。
老人性難聴は感音性難聴で高音域から聞こえなくなります。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。