過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28155問」を出題

問題

[ 設定等 ]




ホーエン・ヤール重症度分類でステージ3にあるパーキンソン病(Parkinson disease)の人の日常生活の留意点として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
履物はサンダルを使用する。
 2 . 
誤嚥に気をつける。
 3 . 
安静にして過ごす。
 4 . 
薬を飲み忘れた場合は、次に2回分服用する。
 5 . 
食物繊維の多い食べ物は避ける。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) 障害の理解 )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
15
評価しない
正解は2です。

ホーエン・ヤール重症度分類のステージ3は、両方の手足に症状が表れ、前かがみの姿勢やすり足歩行、嚥下障害などが見られる時期です。

1.転倒リスクがあるサンダルを使用するのは不適切です。

3.適度な運動が必要です。

4.パーキンソン病の薬は副作用が多い薬です。薬をまとめて服用してはいけません。

5.便秘予防のために食物繊維をとることは良いことです。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
8
評価しない
正解は「2」です。

ホーエン・ヤール重症度分類のステージ3は、両方の手足に症状が表れ、姿勢反射障害の出現によって、前かがみの姿勢やすり足歩行が見られます。嚥下障害については、出現のタイミングは一定ではありませんが、パーキンソン病の患者は注意が必要です。

1 足が出しにくい、小刻みな歩行があるため、サンダルは転倒リスクが高まるため、好ましくありません。

3 身体機能の維持のため、適度に運動する必要があります。

4 薬をまとめて服用するのは、好ましくありません。

5 パーキンソン病では便秘が見られることから、予防のために食物繊維を摂取することは問題ありません。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正解は2です。
パーキンソン病の嚥下障害は、初期からみられることもあります。本人が嚥下障害や食べにくいという自覚に乏しく、むせない誤嚥が多いのが特徴です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。