過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28159問」を出題

問題

[ 設定等 ]




副交感神経の作用として、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
気道の弛緩
 2 . 
血糖値の上昇
 3 . 
消化の促進
 4 . 
心拍数の増加
 5 . 
瞳孔の散大
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
27
評価しない
正解は3です。
副交感神経は、疲れた体を休息させてダメージを修復する神経です。
副交感神経が活性化すると、内臓の動きが活発になるために消化が促進されます。他に、筋肉がリラックスしたり、心臓の動きがゆっくりになる作用もあります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
12
評価しない
正解は3です。

副交感神経は安静にしているときに働く神経で、消化を促す役割があります。

1.2.4.5.いずれも交感神経の作用です。交感神経は運動など活発に活動するときに働く神経です。
評価後のアイコン
評価する
9
評価しない
正解は「3」です。

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っています。
副交感神経が優位となると、身体を休め、リラックスさせる効果があります。内臓の動きが活発になるために、消化が促進されます。

交感神経が優位になると、体は活動的になります。3以外の選択肢は交感神経が優位となっている場合に見られます。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。