過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28165問」を出題

問題

[ 設定等 ]




皮膚に関する次の記述のうち、正しいものを1つ選びなさい。
 1 . 
皮膚の表面は弱アルカリ性に保たれている。
 2 . 
皮膚から1日に約500~600ml の不感蒸泄がある。
 3 . 
汗腺が最も多く分布しているのは額である。
 4 . 
体温が低下すると、汗腺が活性化する。
 5 . 
高齢期になると、皮脂の分泌が増加する。
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
29
評価しない
正解は2です。

健常な成人の不感蒸泄は約900mlであり、そのうち600mlが皮膚、300mlが呼気からとなります。

1.皮膚の表面は脂肪酸や最近の影響により弱酸性です。

3.額ではなく足がもっとも多いです。

4.汗腺が活発化するのは体温が高いときです。

5.高齢になると皮膚の分泌は減少します。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
11
評価しない
正解は2です。
不感蒸泄とは、無意識に体から排出される水分のことです。
成人(安静時)は、皮膚から約600ml、呼気から約300ml、一日合計約900ml排出されるといわれています。この排出量は、体重や体温などによって変動します。
評価後のアイコン
評価する
8
評価しない
正しいものは2です。

他の選択肢については、以下のとおりです。
1.弱アルカリ性ではなく、弱酸性です。
  pH4.5~6です。
3.額ではなく、足の裏です。
4.体温低下ではなく、体温上昇です。
5.皮脂分泌は減少します。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。