過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

介護福祉士の過去問「第28167問」を出題

問題

[ 設定等 ]




Gさん(81歳、女性)は日常生活は自立していて、活発に活動していたが、最近外出することが少なくなった。理由を尋ねると、「くしゃみや咳をしたときに、尿が漏れてしまうことが多くなったから」ということだった。

Gさんの失禁の原因として、最も適切なものを1つ選びなさい。
 1 . 
神経疾患
 2 . 
骨盤底筋群の機能低下
 3 . 
水分のとりすぎ
 4 . 
膀胱過敏
 5 . 
精神的な影響
( 介護福祉士国家試験 第29回(平成28年度) こころとからだのしくみ )

この過去問の解説(3件)

学習履歴が保存されていません。
他ページから戻ってきた時に、続きから再開するには、
会員登録(無料)が必要です。
評価する
11
評価しない
正解は2です。
くしゃみや咳をしたときに尿が漏れるということは、骨盤底筋群の機能低下が考えられます。
1.Gさんの神経疾患を疑う記述はありません。
3.水分のとりすぎでは尿量が増えるために排尿回数が増えることがありますが、失禁とは関係ありません。
4.膀胱過敏(過活動膀胱)では頻尿がみられます。
5.精神的な影響に関しては、文中に記述がありません。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
最も適切なものは2です。
腹圧性失禁に分類されます。

他の選択肢については以下のとおりです。
1.Gさんにの神経疾患の有無は書かれておらず、該当しません。
3.Gさんの状況に水分をたくさんとったという記述はありません。水分のとりすぎで排尿回数は増えますが、失禁とは関係ありません。
4.膀胱過敏では尿意をがまんできなくなります。そのような記述はここにはありません。
5.精神的な影響に関する記述がここにはありません。
評価後のアイコン
評価する
4
評価しない
正解は4です。

くしゃみや咳をしたときに尿漏れがあることから、圧力がかかったときに尿漏れしてしまうことがわかります。このような症状は骨盤底筋群の機能低下によって起こります。

1.神経疾患の症状は見られていません。

3.水分を取りすぎることで排尿回数が増えることはありますが、尿漏れとは関係ありません。

4.膀胱過敏では強い尿意や頻尿などの症状が見られます。

5.精神的な影響を疑う記述はありません。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
この介護福祉士 過去問のURLは  です。

学習履歴の保存や、評価の投稿、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。