過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

マンション管理士の過去問 令和元年度(2019年) 問37

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
問題を表示する

この過去問の解説 (2件)

評価する
8
評価しない
正答は 3 です。 

1.ポップアウトは、コンクリート内部の部分的な膨張圧によって、コンクリート表面の小部分が円錐形のくぼみ状に破壊された状態のことで、凍害やアルカリ骨材反応等が原因で発生します。

2.さび汚れは、腐食した鋼材のさびが流出して、コンクリートの表面に付着している状態のことです。要因には、構造物に取り付けた金具がさびたことによるもの、鉄筋の腐食、コンクリートの中性化等があります。

3.白華(エフロレッセンス)は、コンクリートの表面に出た白色の物質で、セメント中の石灰等が水に溶けて表面に染み出し、空気中の炭酸ガスと化合してできたものが主成分です。
よって、この設問は不適切です。

4.ひび割れは、コンクリートに許容される以上の変形や応力が作用して生じるコンクリートの部分的な破壊現象をいいます。
コールドジョイントは、打設時に先に流したコンクリートが固まってしまい、後から流したコンクリートが一体化しない状態のことをいい、ひび割れの原因となります。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
2
評価しない
正解は3です。

1。適切である。
ポップアウトとは、コンクリート内に物質が膨張することで、コンクリートの表面が円錐形にくぼむことです。
この膨張する物質の一つに、アルカリ骨材反応で生成される物質があります。

2.適切である。
コンクリートはアルカリ性なので、鉄筋をサビから守る作用があります。
しかし、コンクリートは、空気中の炭酸ガスなどにふれることで、中性化していきます。
そうなると、鉄筋が錆びてしまい、その錆が汚れとして表面に現れてきます。

3.適切でない。
エフロレッセンスとは、コンクリート内の石灰などが表面に溶け出し、
空気中の炭酸ガスと反応して、白い粉状のものが、付着することです。
紫外線は原因ではありません。

4.適切である。
コールドジョイントとは、コンクリートを打ち重ねる適正な時間を過ぎてから、コンクリートを打ち足したことによって、前に打ち込まれたコンクリートと打ち重ねたコンクリートとが、連続しないことを言います。

コールドジョイントが起きると、コンクリートはひび割れます。

以上、適切でないのは、3なので
正解は3です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このマンション管理士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。