過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

マンション管理士の過去問 令和元年度(2019年) 問38

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
問題を表示する

この過去問の解説 (2件)

評価する
9
評価しない
正答は 1 です。 

1.プルオフ法は、壁面のタイルや外壁モルタル塗り面に接着剤でアタッチメントを接着させ、測定機器を取り付けて引き抜くことにより付着の強さを調べる方法です。金属面への塗装及びコンクリート面への塗装へも用いることができます。

2.赤外線調査は、タイル等の剥離部と健常部の熱伝導の違いによる温度差を赤外線カメラにより測定し、タイル等の浮きの有無や程度を調査する方法です。建物の外壁のタイルやモルタル等から放射されている赤外線(熱エネルギー)を赤外線カメラが感知し、赤外線画像として映し出します。
よって、この設問は不適切です。

3.アスファルトルーフィングの使用状態での劣化度を測定する場合、現場において試料を採取し、針入度試験を行います。現地では針入度試験は行いません。
よって、この設問は不適切です。

4.コンクリート中性化の診断方法は、一般に、測定部位のコンクリートを一部円筒状に抜き取り、取り出したものにフェノールフタレイン溶液を吹き付けた後、スケールで中性化深さを測定します。フェノールフタレイン溶液は、対象物がpH10程度以上のアルカリ性を帯びている部分では赤(ピンク)色に変化します。
手持ち型のpH測定器は水質管理や試薬の測定などに用いられますが、コンクリートの中性化診断には利用できません。
よって、この設問は不適切です。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は1です。

1.適切である。
プルオフ法とは、引張試験機を利用した付着性の強さを測る方法です。
試験方法は、まず、試験対象の塗膜に、試験円筒と呼ばれる治具を接着し、周辺に切り込みを入れます。
次に、引張試験機を用いて、試験円筒が剥離した際の張力を計測します。
試験対象は広く、金属、コンクリート、プラスティックにも使用できます。


2.不適切である。
赤外線調査は、壁面に赤外線を照射して、温度差を測定する調査です。
外壁タイルが浮いていると、周辺よりも高温になります。

3.不適切である。
針入度試験は、アスファルトの硬さを調べる試験です。
所定の容器にアスファルトを入れて、針入度を計測する方法です。
現地では行いません。

4.不適切である。
コンクリートの中性化の程度を調べるにはフェノールフタレイン溶液を使います。
手持ち型のPH測定器は、水溶液のPHを測定するために使います。

以上から、1なので、正解は1です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このマンション管理士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。