過去問.com - 資格試験の過去問 | 予想問題の解説つき無料問題集

マンション管理士の過去問 令和元年度(2019年) 問44

問題

このページは問題一覧ページです。正解率や解答履歴を残すには、 「新しく条件を設定して出題する」をご利用ください。
[ 設定等 ]
問題を表示する

この過去問の解説 (2件)

評価する
6
評価しない
正答は 1 です。

1.特殊継手排水システムは、排水を管壁に沿って旋回させて排水の流下速度を抑え管の中心に通気を確保する機能を持つ排水用特殊継手を用いる排水システムです。
排水立て管と通気立て管を接続することにより、管内の圧力を緩和する機能があるのは、結合通気管です。
よって、この設問は不適切です。

2.2つの管で繋がれた容器がある場合、管の中が満たされた状態であると、2つの容器の内部を同じ量に保とうとする作用が働きます。これをサイフォンの原理といいます。
大量の水が一気に流されると、サイフォンの原理によって、封水分の水も引っ張られて一緒に流れ出してしまうことがあります。

3.雨水排水管(雨水排水立て管を除く。)を汚水排水のための配管設備に連結する場合においては、当該雨水排水管に排水トラップを設けなくてはなりません。

4.食器洗い乾燥機の排水管等、高温の排水が行われる場所には、耐熱性硬質塩化ビニル管を一般的には用います。
評価後のアイコン
付箋メモを残すことが出来ます。
評価する
4
評価しない
正解は1です。

1.適切でない。
特殊継手排水システムは、排水立て管に通気管としても利用します。
通気立て管は不要です。

2.適切。
選択肢の説明は、自己サイフォン作用です。

3.適切。
雨水排水管と汚水排水管という2系統の排水管をまとめて合流する場合には、臭気の逆流を防ぐために、ますを設置します。

4.適切。
食器洗い機乾燥機では、高温の水が排水されるので、排水管に耐熱性ポリ塩化ビニル管を用いるのは適切です。

以上より、適切でないのは1なので、正解は1です。
評価後のアイコン
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
.
他のページから戻ってきた時、過去問ドットコムはいつでも続きから始めることが出来ます。
また、広告右上の×ボタンを押すと広告の設定が変更できます。
このマンション管理士 過去問のURLは  です。
付箋は自分だけが見れます(非公開です)。