過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 宅建業法    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

宅地建物取引業者A (消費税課税事業者) が売主B (消費税課税事業者) からB所有の土地付建物の媒介の依頼を受け、買主Cとの間で売買契約を成立させた場合、AがBから受領できる報酬の上限額は、次のうちどれか。なお、土地付建物の代金は6、300万円(うち、土地代金は4、200万円) で、消費税及び地方消費税を含むものとする。

 1 . 
1,890,000円
 2 . 
1,953,000円
 3 . 
2,016,000円
 4 . 
2,047,500円
この宅建 過去問の解説(3件)
3

土地代金4,200万円建物代金2,000万円の為、
6,200万円×3%+6万円=1,920,000円
192,000円×1.05=2,016,000円(消費税5%の場合)

2014/11/11 14:58
ID : ffwqkrtewz
付箋メモを残すことが出来ます。
2

まず土地には消費税がかかりません。従って、計算基礎額は、2,100/1.05+4,200=6,200万円です。6,200万円を、売買・交換の媒介報酬上限額の即算式に当てはめると、(6,200×3%+6)×1.05=2,016,000円です。従って、3が正解です。

2014/10/28 17:00
ID : vkwhjenv
0

正解は【3】になります。

ここでは、まず土地と建物の代金を計算します。
土地4,200万円、建物2,100万円です。

次に、土地は消費税が非課税ですが、建物は消費税の課税になるので、土地4,200万円全てが本体価格になります。また、建物の代金は、本体価格が2,000万円であり、消費税は100万円になります。

つまり、この土地付建物の本体価格は、6,200万円となり、ここから3%+6万円の報酬を求めていきます。

6,200×3%+6万円=195.6万円
となり、消費税を計算して

195.6万×1.05(当時は5%)=2,016,000

となります。

答えは、2,016,000円です。

2017/06/08 20:59
ID : qurfzfaek
問題に解答すると、解説が表示されます。
解説が空白の場合は、広告ブロック機能を無効にしてください。
border line
過去問.com 宅建の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。