過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 土地建物  過去問題 | 無料の試験問題

問題

建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 1 . 
鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。
 2 . 
鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
 3 . 
鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。
 4 . 
集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられる。
この問題の解説(2件)
継続して解説を表示するには、ログインが必要です。
2

1.✖鉄骨構は、熱で変形するため耐火性が弱く、対価被覆が必要です。

2.〇鉄筋コンクリート造は、鉄筋とコンクリートの特徴を組み合わせることで、耐火性・耐久性のすぐれたものとなっています。

3.〇鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリートに鉄骨を加えたもので、強度としなやかさが増し、耐震性にも優れるため、高層建物等に用いられます。

4.〇集成木材構造は、体育館・ドーム・大型店舗などの大型木造建築物に用いらます。

したがって、正解は1です。

2014/10/28 22:03
ID : vkwhjenv
1

1.鉄骨構造は熱に弱いです。耐火被覆が必要です。
2.文章の通りです。鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできます。
3.文章の通りです。鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられます。
4.文章の通りです。集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられます。

2014/11/11 16:33
ID : ffwqkrtewz
border line
宅建の最新の記事
過去問.comはいつでも続きから始められます
(要ログイン)
border line
この問題のURLは  です。
過去問.com

評価の投稿や、継続して過去問.comの解説を見るには無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。