過去問.com

宅建 | 宅地建物取引主任者資格試験 平成21年度(2009年) 土地建物    宅建 過去問 | 無料の過去問題

問題

建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

 1 . 
鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。
 2 . 
鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
 3 . 
鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。
 4 . 
集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられる。
この宅建 過去問の解説(3件)
2

1.✖鉄骨構は、熱で変形するため耐火性が弱く、対価被覆が必要です。

2.〇鉄筋コンクリート造は、鉄筋とコンクリートの特徴を組み合わせることで、耐火性・耐久性のすぐれたものとなっています。

3.〇鉄骨鉄筋コンクリート造は、鉄筋コンクリートに鉄骨を加えたもので、強度としなやかさが増し、耐震性にも優れるため、高層建物等に用いられます。

4.〇集成木材構造は、体育館・ドーム・大型店舗などの大型木造建築物に用いらます。

したがって、正解は1です。

2014/10/28 22:03
ID : vkwhjenv
付箋メモを残すことが出来ます。
1

1.鉄骨構造は熱に弱いです。耐火被覆が必要です。
2.文章の通りです。鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできます。
3.文章の通りです。鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられます。
4.文章の通りです。集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられます。

2014/11/11 16:33
ID : ffwqkrtewz
0

正解は【1】になります。

1:鉄骨構造の特徴としては、鉄骨自体が重く、靭性が高いため、多種多様な高層建築の骨組に適しているという特徴がある反面、熱に弱いことから耐火性に弱点があります。鉄骨構造は、コンクリートなどで覆って耐火構造にしなければなりません。

2:鉄筋コンクリートの鉄筋は引っ張る力に強く、また、コンクリートの部分は圧縮力に強いと言われています。その二つを組み合わせることで、耐火・耐久性が大きく骨組形態を自由にできるといわれています。

3:鉄骨鉄筋コンクリート構造は,鉄骨構造と鉄筋コンクリート構造の長所を組み合わせており、鉄骨を鉄筋で覆うことにより、より優れた強度と靭性を備えたものになります。そのため、高層建築物に用いられることが多くあります。

4:集成木材構造とは、乾燥した板を繊維方向に接着剤で貼り合わせた材料であり、木造の建物の骨組みに使用されることがよくあります。湾曲を描く集成木材もあり、体育館等に使用されています。

2017/05/27 09:25
ID : qurfzfaek
border line
過去問.com 宅建の授業
過去問.com(過去問ドットコム)は、過去問と予想問題の解説つき無料問題集です。
試験対策の勉強方法 として、無料で過去問題にチャレンジすることが出来ます。
1問1答形式で解答・解説を確認することができ、試験問題をランダムに出題する機能も備えています。
パソコン、スマートフォン(スマホ)から無料でご利用いただけます。
この宅建 過去問のURLは  です。
border line
過去問.com

評価の投稿や、学習履歴の保存、付箋メモの利用には無料会員登録が必要です。

確認メールを受け取れるメールアドレスを入力して、送信ボタンを押してください。

※すでに登録済の方はこちら

※利用規約はこちら

メールアドレスとパスワードを入力して[ ログイン ]ボタンを押してください。

※パスワードを忘れた方はこちら

※新規会員登録はこちら

ログアウトしてもよろしいですか。

パスワードを再発行される場合は、メールアドレスを入力して[ パスワード再発行 ]ボタンを押してください。

付箋は自分だけが見れます(非公開です)。